mawkish

次のページアーカイブ

victoriousvocabulary:

THURIFICATION
[noun]
the burning or offering of, or perfuming with incense.
Etymology: from Middle English thurybycacyon > Middle French thurification > Latin thurificatus, from thuris, “frankincense” > Ancient Greek thyos, “burnt sacrifice”.
[bluefooted]

"息子の「ほいくえんいきたくない」にトコトン付き合ったらどうなるか、半休をとって確かめた
三十分程度「いきたくなさ」を聞いてあげたら嘘のように「行こっと」と気を取り直して登園していった
大人も「やりたくない」と言うより「やりたく無いと言う思いがあることを知ってほしい」てトコあるよね"

- Twitter / Isaacsaso: 息子の「ほいくえんいきたくない」にトコトン付き合ったらどうな … (via poochin)

(misinから)

azexlia:

wolverxne:

Polar Bear and Cub | by: [Tin Man]

⭐️

"中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。"

- 読むとがっかりするタイトル10選 (via 719043)

(元記事: eternityscape (yanagyから))

momochan14sai:

hima://さんのブランド性的殺意の新作。http://arcade.sakura.ne.jp/ 「はばたくためのヘアピン(ホワイト×ゴールド)」
モデル:緑川百々子
eikadan:

Monika Pastwa
chiyorichan:

fueueu:

fuji8:

abc—-5:

odekochaaaaan:

sugaronfriday:

(via likeneelyohara)
amegumi:

いよいよ明日。札幌でも開催されるなんて夢のようだ。

nelyo3:

Wagashi - Japanese sweets

(katakanapostsから)

(元記事: makenice.me (su-te-ruから))